読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QU-001

QUの新米CEOのブログ

AIや自動化はどこまで人を幸せにできるのか

f:id:nyagoya:20170313151618j:plain

ふと、考えていることを散文的に書いてみる。

 

僕は旅行が好きだ。

学生の頃はバイトしてためたお金で東南アジアを回ったりしていた。

 

旅行は面白いが、旅行の準備も同じくらい面白い。

エイビーロードとか地球の歩き方を買って、読んで、想像して

「異国でどんな風景や、交流や、文化に出会えるのか」ということを考えながら旅のプランを練る。

時には何も予定を決めず、「気の向くまま」「現地決め」の旅もいい。

 

航空券を取るのも楽しい。

「もう少し待てば安くなるのか、それとも上がるのか」

「ビーマンバングラディシュ航空ってすごい安いけど大丈夫なのか」

「香港経由で行くか、バンコク経由で行くか」

多様な選択肢からできるだけ良い選択をしようと色々考えるのが楽しい。

 

もしも、すべてをAIが旅行を手配し、最適なルートを考えて、チケットを取ってくれたらすごい楽だろう。

しかし、人間は仕事を楽しんだり、工程を楽しんだり、時間を無駄に使うことを楽しんだりする生き物なんじゃないかな。。。とも思ったりする。

 

そういいつつも、僕は旅行の手配が自動でできるサービスがあれば使うと思う。

仕事で忙しいときとかは旅行のことを考えている時間が無いときとかあるから。

そしてそのうちに旅行の準備の楽しさを忘れていくのかもしれない。